仮面ライダークウガの関連商品
クウガのフィギュアはアット市場






仮面ライダークウガ

仮面ライダー クウガ/タイタンフォーム(紫のクウガ)

仮面ライダークウガのすべて 仮面ライダークウガのブログ」 管理人の「おやっさん」です。よろしくお願いします。


タイタンフォーム(紫のクウガ)を解説します。

体色は銀と紫、瞳、ベルトは紫。

身長   200センチメートル
体重   110キログラム
パンチ力   7トン
キック力   10トン
走力   100メートルを7,2秒
ジャンプ力   一跳び10メートル

五代雄介が古代リント文書にあった「剣を使う戦士」に変身したいと願い、変身できるようになった特殊形態で、大地を司る戦士です。

ドラゴンフォームとは逆に、パワーや耐久力に優れています。

運動性は4フォーム中最も低いですが、ゴ集団等の強力な怪人が登場するようになると、攻撃を耐えるためにこの形態に変身するという場面もありました。

「切り裂くもの」(剣)を連想させるものをもつと、それを二段伸縮式(111センチメートル→120センチメートル)の大剣タイタンソードに変化させることができます。

雄介は、主に特殊警棒トライアクセラーを使っていました。

必殺技


カラミティタイタン

伸ばしたタイタンソードで敵のボディを貫いて、刀身から封印エネルギーを流し込みます。



仮面ライダークウガのことなら仮面ライダークウガのすべて 仮面ライダークウガのブログ」でどうぞ!

仮面ライダークウガ

仮面ライダー クウガ/ペガサスフォーム(緑のクウガ)

仮面ライダークウガのすべて 仮面ライダークウガのブログ」 管理人の「おやっさん」です。よろしくお願いします。


クウガ ペガサスフォーム(緑のクウガ)について解説します。


体色、瞳、ベルトは緑。

身長   200センチメートル
体重   99キログラム
パンチ力   1トン
キック力   3トン
走力   100メートルを5,2秒
ジャンプ力   一跳び15メートル

五代雄介がメ・バヂス・バによる高空からの射撃に悩まされて変身できるようになった特殊形態で、風を司る戦士です。

視覚、聴覚などの感覚神経が極限まで研ぎ澄まされていて、紫外線や赤外線を見たり超音波を聞いたりできますが、接近戦は苦手です。

この能力を使いこなすと、遠くの敵や動きの速い敵、姿を隠した敵などを正確に捕えることができるようになります。

最初の変身の時には、視覚、聴覚からの情報があまりに多く、混乱して変身を強制解除されてしまいましたが、経験と精神力でこれを克服しました。

それらの超越的な能力はアマダム及び雄介の精神に大きな負担をかけるため、約50秒程度しかこの形態を維持できません。

それを過ぎると、クウガの力が極端に弱まってグローイングフォームになってしまいます。回復のため、その後約2時間は変身できません。

「射抜くもの」(射撃)を連想させる物をもつと、それを特殊空気銃ペガサスボウガンへと変化させる事ができます。



必殺技


ブラストペガサス

ペガサスボウガンから高密度に圧縮された空気の弾丸を、封印エネルギーとともに放ちます。




仮面ライダークウガのことなら仮面ライダークウガのすべて 仮面ライダークウガのブログ」でどうぞ!

仮面ライダークウガ

仮面ライダークウガ/ドラゴンフォーム(青のクウガ)

仮面ライダークウガのすべて 仮面ライダークウガのブログ」 管理人の「おやっさん」です。よろしくお願いします。


ドラゴンフォーム(青のクウガ)について解説します。


体色、瞳、ベルトは青。

身長   200センチメートル
体重   90キログラム
パンチ力   1トン
キック力   3トン
走力   100メートルを2秒
ジャンプ力   一跳び30メートル

五代雄介がズ・バヅー・バとの戦いのとき、「もっと跳びたい」と願って変身できるようになった、クウガの特殊形態で、水を司る戦士です。

スピードや跳躍力などの運動性に優れています。その反面、パンチ力やキック力などのパワー、耐久力などはマイティフォームよりも劣り、打たれ弱いという弱点があります。

基本4フォームのうちでは、マイティフォームの次に登場回数が多くなっています。

高いところへ飛ぶときだけこの形態に変身し、その後他の形態で戦う、といったシーンもありました。

木の枝や鉄パイプなどの「長きもの」(棒状の物)をイメージする物をもつと、それらを伸縮自在(最長2メートル)の棍棒ドラゴンロッドへと変化させることができます。



必殺技


スプラッシュドラゴン

ドラゴンロッドを高速で敵に突き立てると同時に、先から封印エネルギーを敵に流し込みます。



仮面ライダークウガのことなら仮面ライダークウガのすべて 仮面ライダークウガのブログ」でどうぞ!

仮面ライダークウガ

仮面ライダークウガ/マイティフォーム

仮面ライダークウガのすべて 仮面ライダークウガのブログ」 管理人の「おやっさん」です。よろしくお願いします。


仮面ライダークウガ マイティフォームは、未確認生命体第4号です。後に第2号と同一体と認識された模様です。

体色、瞳、ベルトともに赤です。


身長   200センチメートル
体重   99キログラム
感覚   常人の数十倍
パンチ力   3トン
キック力   10トン
走力   100メートルを5,2秒
ジャンプ力   一跳び15メートル


五代雄介が戦う決意をしてから変身できるようになったクウガの基本形態です。炎を司る戦士。

スピードやパワーなど身体能力のバランスがとれた形態で、武器は使わず、素手での格闘戦が得意です。

敵の手の内を探るときにこの形態で戦い、敵の攻撃パターンに合わせたフォームへと変身するという戦法を取る事もありました。

必殺技は、封印エネルギーを右足に収束させて放つマイティキック。

ズ・ザイン・ダを倒すとき、雄介の107番目の特技である空中回転を加える事で、超マイティキックに強化されました。

破壊力は30トン。



仮面ライダークウガのことなら仮面ライダークウガのすべて 仮面ライダークウガのブログ」でどうぞ

仮面ライダークウガ

仮面ライダー クウガ/グローイングフォーム

仮面ライダークウガのすべて 仮面ライダークウガのブログ」 管理人の「おやっさん」です。よろしくお願いします。


グローイングフォーム


未確認生命体第2号、4号と同一体と判明後は「白い4号」。

体色   白
瞳   オレンジ
ベルト   オレンジ
身長   190センチメートル
体重   90キログラム


仮面ライダークウガとしての能力を十分に発揮できない不完全な形態です。

気力、体力ともに不十分で、能力はマイティフォームの約半分程度のようです。

他のフォームに比べると角が短く、ボディはマイティフォームににています。

雄介がまだクウガへの変身に慣れていなくて、戦いに挑む気持ちが弱かった頃にはこの姿になっていました。

他フォームの変身限界時間を経過したり、深刻なダメージを被った場合にも、この形態になる事がありました。

威力は弱いですが、グローイングキックという技があり、この三連発でメ・ギノガ・デを倒したこともあります。




仮面ライダークウガのことなら仮面ライダークウガのすべて 仮面ライダークウガのブログ」でどうぞ!

仮面ライダークウガ

仮面ライダークウガ

仮面ライダークウガのすべて 仮面ライダークウガのブログ」 管理人の「おやっさん」です。よろしくお願いします。


仮面ライダークウガは、冒険家の青年、五代雄介が、超古代遺跡から発掘された霊石アマダムが埋め込まれた変身ベルト、アークルによって変身する、古代超人類リントの戦士です。

世間では「未確認生命体第4号」といわれていて、その正体は一部の人間(主に警察関係者)にしか知られていません。

超古代では、九郎ヶ岳遺跡にミイラ状態で埋葬されていた人物がクウガに変身していたとされています。

クウガは、グローイングフォーム、赤のマイティフォーム、青のドラゴンフォーム、緑のペガサスフォーム、紫のタイタンフォームなどの多彩な変身形態を持っています。

フォームの総数はなんと11種類!(黒目アルティメットフォームを加えると12)で、一人のライダーがとる変身形態としてはライダーシリーズを通して最多です。


仮面ライダークウガのことなら仮面ライダークウガのすべて 仮面ライダークウガのブログ」でどうぞ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。